2016年8月24日水曜日

第十九夜~第二十一夜 カササギと白い彫像と変身



第十九夜
夢のはなし。男の人が中国の美しい歌を歌っていた。琴線に触れて涙が出そうになるのをこらえていると、誰かが「カササギだ」と言う声がして、人々はみな立ち上がり空を見上げた。空一面に鳥の群れが飛んでゆく。鳥たちに交じってチャリオットを駆る古代人たちが飛んでゆく。歌のように。


第二十夜
夢のはなし。どこかの旅行の帰りだった。高台にある駅にたどり着いたら、視界いっぱいに巨大な白い彫像が二体そそり立っており、特大の丸い目に見つめられた。反対側には巨大な白い聖母マリア像が両手を合わせている。ふとどこからか白いボールが福音のように飛んできて、思わずよけた。


第二十一夜
夢のはなし。悪い人たちにつかまった。一緒にいた仲間の一人がまだ研究段階だというが仮死状態になるキャンディーをくれたので口に含む。隙を見て山へ逃げ込み、人家を見つけたところでいつのまにか小動物に変身していた。隠れるのに良さそうな物置部屋がある。さあ、丸まって眠ろう。




■夢の中に登場する動物は身近なものが多いですが、自分が動物になる夢は初めて見ました。変身願望なのかどうか。逃げる夢にはまた隠れるという行為も伴い、隠れる場所といえば、薄暗い狭い所なのです。小さな生き物になって、狭い所に落ち着く。至福かも知れません。まるで胎内回帰願望のような。