2008年5月20日火曜日

五月の鷹



夜のドレープに裂け目が入る
夜明けが裾にそっとくちづけると
私はすべてを脱ぎ捨て
一羽の鷹になって飛んでゆく
まとわりつく冷気を翼で切りながら
あなたを求めて飛んでゆく


   私はこの目であなたを見透かす事ができる
   あなたのもとへ飛んでゆく事も
   あなたを追う事もできる


私のガウェインよ
まだ眠っているだろうか
霧に包まれたまどろみの中に
まるで眼下に広がる森のようだ
私はその鼓動を知っている
湿ったやわらかな静脈の手触りを
今まさにこぼれ落ちようとする吐息を


   私はこの爪であなたを切り裂く事ができる
   あなたの胸にじっと留まる事も
   あなたを待つ事もできる


誠実なガウェインよ
その夢に私はいるだろうか
ひとときの花に漂う心と知りながら
私をとらえてはなさない蜜だ
ちょうど深い湖に影が映るように
いつまでも旋回してやまない夢だ
あるいはこうして草原を飛んでゆくように


   私はこの声であなたを呼び覚ます事ができる
   あなたの耳に届くようにただ一度
   そのひと声を今啼こう


夢の中の夢で重なる事があるだろうか
あなたの時と私の時
ガウェインよ
その時は翼を広げて飛んでゆこう
夜のドレープが消え入る前に
まだ青い地平線の彼方へ



2008年5月6日火曜日

水際



光は満ちてゆく
花のような小舟を浮かべて
ふたたびの光は寄せてゆく
まだ浅い夏の水際に


片足を浸して眺めるだけだ
ドアを細めに開けて
そっと知られぬように
飛び立つ小鳥を慈しむように


森はいつか呼んでいた
枝先に若葉を繁らせて
あんなにも光るのは
まなうらを哀しくさせるため
それとももっと遠くへ誘うため
踊るような足どりでつま先で
歩いてゆく陽だまりの小径
森はいつしか呼んでいた
春のひとみを隠していた


何も持たない心で
指先をそっとすべらせれば
水滴がはね上がり
一瞬の虹を描く永遠


風は追いかけてゆく
いくつもみどりの輪を広げて
ふたたびの風は響いてゆく
まだ浅い夏の水際に