2016年11月21日月曜日

飛ぶ鳥を探す日



青いってくちにして街は海になる花びら泳ぐ彼方の岸を


まぶた濡らす緑雨は君に降りやまず海の果てに飛ぶ鳥を探す日


永遠に待ちぼうけです目を閉じて探して君の赤い夕焼け


いくたびか甦る夢窓向こう回遊してゆく紫陽花の雨


野の果てにさびしく燃える火、橙(だいだい)にワスレグサ咲き誰を忘れて


風の音それともあれは鳥の声海を思えば白い航跡


また秋に触れるさびしさ金色の穂を揺らしては風の旅人


銀笛は遠く流れて待合室おもいでだけの鳥籠を抱く


飛ぶ鳥をいくつ見送る季節かとまた群青の海になる日々



2016年9月27日火曜日

あいしているの舟



誰も知らない海でした、(けしてあなたのほかには)


舟は出てゆく
夏の入り江、あなたの瞳の奥を


白い鳥は羽根を休めることなく
空にすべる手紙


返事はいらない、ただひとことのさよならを


     *


誰かをおぼえて湖になる、(それがあなただとしても)


舟は出てゆく
秋のさざ波、あなたの吐息の影を


赤い落葉は誰にも知られず
水面にこぼれる告白


口に出していえない、あいしているのすべて



2016年8月24日水曜日

第十九夜~第二十一夜 カササギと白い彫像と変身



第十九夜
夢のはなし。男の人が中国の美しい歌を歌っていた。琴線に触れて涙が出そうになるのをこらえていると、誰かが「カササギだ」と言う声がして、人々はみな立ち上がり空を見上げた。空一面に鳥の群れが飛んでゆく。鳥たちに交じってチャリオットを駆る古代人たちが飛んでゆく。歌のように。


第二十夜
夢のはなし。どこかの旅行の帰りだった。高台にある駅にたどり着いたら、視界いっぱいに巨大な白い彫像が二体そそり立っており、特大の丸い目に見つめられた。反対側には巨大な白い聖母マリア像が両手を合わせている。ふとどこからか白いボールが福音のように飛んできて、思わずよけた。


第二十一夜
夢のはなし。悪い人たちにつかまった。一緒にいた仲間の一人がまだ研究段階だというが仮死状態になるキャンディーをくれたので口に含む。隙を見て山へ逃げ込み、人家を見つけたところでいつのまにか小動物に変身していた。隠れるのに良さそうな物置部屋がある。さあ、丸まって眠ろう。




■夢の中に登場する動物は身近なものが多いですが、自分が動物になる夢は初めて見ました。変身願望なのかどうか。逃げる夢にはまた隠れるという行為も伴い、隠れる場所といえば、薄暗い狭い所なのです。小さな生き物になって、狭い所に落ち着く。至福かも知れません。まるで胎内回帰願望のような。



2016年6月24日金曜日

赤い糸を君に



あなたの小指に糸を巻きつけました
赤い色をした糸を
風にふるえて揺れている
その糸の先にわたしの小指


(ねえ きれいでしょう この世界は
 心でしか見えないものがある)


どこか遠い場所で鳩が飛んだ
わたしたちのことを誰も知らない
ほつれ毛をなびかせて花のように
夏草のなか静かに微笑みを交わす
二人の幸福は川のようだった


小指と小指に赤い糸を絡ませて
知らない林に横たわり目を閉じる
そんな恋だ
あなたとわたし
このままはなれられないように


(ねえ きれいでしょう この世界は
 こんなにか細い糸だとしても)


行方知れずになってそれでも
こぼれてゆく時間があるのです
なつかしい歌をいつか思い出す
なつかしいあなたをいつか心に描く
そしてどこかでまた鳩が飛んで


小指と小指の赤い糸は約束のしるし
また逢えますように
意地悪な夢にはぐれてしまっても
何度でもたどりつけますように
あなたとわたし


永遠と一瞬は同じ速さで過ぎる
あの孤独な鳩のように
あなたと繋ぐ糸を憶えている
この心をずっと知っていた



2016年4月25日月曜日

春のたまご



春はまあるいのです
まあるくて秘密を抱えているのです


淡い色で揺れている わたしの胸のうち


やわらかくて抱きしめてしまいたくなるもの
それともきつく抱きしめて壊したくなるもの


本当は好きって言いたいのに 口をつぐんで


海があるのかも知れない
あのひとの心が打ち寄せる波打ち際があって
わたしは宝物のように大事にしまっている
耳を寄せて聞いてみるのです
もしかあのひとの鼓動かも知れなくて
ひとしずく、こぼれたら溺れてしまいそうで


海はときどきこわくなる


小鳥が眠っているのかも知れない
いつか飛び立ってしまうあのひとの心を閉じ込めて
わたしのために鳴いてくれる日を夢見ている
ふるえているのは誰?
いいえ、わたしの心臓かも知れなくて
恋しさに突かれて胸の奥が痛くなる


小鳥はときどきさみしくなる


抱きしめていたいからいつまでも たまごのままで
そっと壊れないようにいつまでも 生まれないままで


ああ、春はまあるいのです
まあるくてやさしいのです


そして意地悪な指先で
わたしをつかまえてしまう


だから逃げようとしても追いかけてくる


生まれようとしている あふれようとしている


わたしの心を


2016年3月26日土曜日

夜明けのサティ



まなざしを夢に見るまで耳奥に遠い旋律夜明けのサティ


君だけを知っている記憶、冬風に燃える炎よいつか雪片


いつの日かめぐり来る日のグノシエンヌ海にピアノを置きざりにして


さすらいは窓を過ぎ行く頬杖の遠い汽笛を聞く夜昼の


雪の馬駆けてゆくごと抱きしめてジュトゥヴ君のうつくしい冬


いつまでも待っていると囁いた、木立のなかの静かなる月


まどろみの踊る爪先すべる指ジムノペディの春は近づく


雨音が叩く鍵盤胸にあそびやさしいことを独りかぞえる


おもいでに唇(くち)に含ます角砂糖誰も知らないノクチュルヌでも



2016年2月17日水曜日

第十六夜~第十八夜 手紙と春の木と真珠貝



第十六夜
夢のはなし。ある店で一通の手紙を買う。誰かが(女性だと思われる)書いた告白めいた手紙だ。高額に驚いたら、そういうものだと店主が云う。バスを待つあいだ、開封して少し目を通してみた。何枚にも書き込まれたそれには、私の記憶と交錯するものがあった。一体誰?やがてバスが来た。


第十七夜
夢のはなし。冬枯れた道を「まだ春には早いね」と言いながら、仲間と歩いていた。花が咲いていたらどんなにかいいのに。そうして広場に足を踏み入れると、一本の木が桃色の花をあふれるばかりに咲かせていて、目を奪われる。春だ!みんなの心にも春が広がってゆく。


第十八夜
夢のはなし。運河に飛び込んで、人魚のように深く潜って泳いでゆく。水底には二枚貝が散らばっていた。中には真珠がひそんでいるのだ。それを大切に思い、岸辺にいる人のためにいくつか拾ってはまた河岸に置いた。岸辺の人が誰なのかは知らなくても。




■泳ぐ夢をたまに見ます。泳ぐという行為は得意ではないのに、いつも気持ち良く泳ぐ事が出来るから不思議です。水の中では自由で、溺れる夢も見た事はなく。そして、それは決まってプールか整備された川で、海で泳いだ夢もなぜか見た事がないのです。私にとって、海は夢の中でも遠くから眺めるものであるように。


2016年1月27日水曜日

雪が降る、一月に言葉は



きみは、ぼくの、愛の痛み
そして誰も知らない言葉だった


忘れたことのない言葉だった でももう遠い
舌の上に転がしても 口にすることさえ遙かで


雪が降る、雪が降る、ぼくのさびしい昼に
一月の太陽は輝き こうしてあたらしい夢に
熱情はまだ続いている 雪が降る、まるで
炎に似たセツナサデ 静かにそっと燃えている


振り返ってもいい 誰もいない冷たい道に
陶器の手触りだけが指先に残っている
触れたこともないのに この指に残るあざやかな
あれは、痛みだったろうか
ふいに割ったら指に突き刺さり 血が音もなくしたたるだけの


雪は降る、雪は降る、それとも忘れるというやさしさで


ぼくの、愛の痛み、きみは
言葉はもう思い出してはいけない 残された傷のまま


きみのなまえを ずっと願っていたかった
こぼれるのはただ雪、雪が降る、声もなくして