2010年9月9日木曜日

緑の蝶



忘れ去られた庭に光があった
錆びついた鉄柵はきしみを告げる
ほしいままにはびこる夏草が
風を連れて通り過ぎてゆく


忘れ去られた庭の
土は乾いて陽盛りだけが
影を作り 思い出を形作り
かつてあったものを浮かび上がらせる


 あかつきの星 ゆうぐれの星
 は どこに
 やさしい面影はどこに
 手のひらを重ね合った人は


あかつきの星 ゆうぐれの星を探し
僕は一人荒れ庭をさまよう
今は盲目だけが時のよすがになり
この風の過ぎ行きに消えてゆくのか


差しのべる指の隙間を


飛び立つものは一頭の蝶
何ごともなく ただの偶然に


蝶よ
僕の心は遠すぎる
蝶よ
指先をかすめていった


0 件のコメント:

コメントを投稿